ロリドールハウスについて

お客様がロリドールハウスで主人となります。
実際に触れる事や着せ替え、写真や動画の撮影もできます。
完全予約制のプライバシーを最優先にしたプライベートギャラリーなので、
他のお客様とバッティングする事はありませんのでご安心ください。
無理な体位(ポージング)はドールが破損の原因になってしまうのでご遠慮願います。

ご来店までの流れ

電話、メールで予約

西川口駅に到着したらお電話ください。

ご来店

受付でギャラリーコースの選択、お支払。

禁止事項の説明

幼女の部屋(ギャラリースペース)へ入室となります。
甘い幼さの魅力、幼女から少女へ。
無垢な存在をリアルドールという形で表しました。
非日常が溢れた日常がロリドールハウスのテーマとなります。
ロリータを題材とした芸術作品は絵画、映画、文学と幾度となく商業的にもリリースされました。その中でロリドールハウスはマテリアルなロリータアートとしての位置づけを確立しました。
ロリータアートの歴史は19世紀半ばに写真術が始まって以来、ルイス・キャロルの撮影や、当時の多くのポストカードに少女写真撮影された事から始まります。ロリドールハウスはリアルロリータドールの完全予約制プライベートギャラリースペースです。日常が転がる幼女の部屋でリアルロリータドールが貴方のお帰りをお待ちしています。本物の幼女用の下着、服、制服、体育着、水着などで着せ替えて貴方だけの最高傑作をコンプリートしてください。幼女は幼気な身体で貴方の芸術を受け入れます。
日本で唯一、幼女ドールと芸術な時間を過ごせるギャラリーです。

ロリータ関連用語

ロリータ
『ロリータ』(Lolita) はロシア生まれのアメリカ合衆国の作家、ウラジーミル・ナボコフの小説。1955年刊。少女性愛者ハンバート・ハンバートと、彼が心惹かれた少女ドロレス・ヘイズとの関係を描いた長編で、全体はハンバートの手記の形を取っている。初版はパリで出版され、内容をめぐって論争を引き起こしたのち、1958年にアメリカで出版されベストセラーとなった。出版当時はポルノまがいの作品との評価も受けたが、現在ではアメリカ文学の古典として認知されている。ヒロインの愛称である「ロリータ」は今日でも魅惑的な少女の代名詞として使われており、ロリータ・コンプレックス、ロリータ・ファッションなど多くの派生語を生んでいる。

出版
1940年に渡米したナボコフは教職のかたわら、この作品を1948年から書き始め、1953年には完成した。しかし、性的に倒錯した主題を扱っているため、アメリカでは5つの出版社から刊行を断られた。ナボコフの代理人はさまざまな出版社に足を運び本を読んでもらったのだが、各出版社の編集者は作品のテーマを見抜いてはいたようだが、そのあまりに難解な内容からか、これは読者には「ポルノ」にしかみえないという理由で出版を拒んだ。結果、初版はポルノグラフィの出版社として有名なパリのオランピア・プレスから1955年に出版されたが、グレアム・グリーンらの紹介により読書界の注目の的となる。アメリカでは1958年に出版されベストセラーになった。イギリスでは、作家らが刊行を促す署名運動を起こし、1959年に出版された。
ロリータはこれまでに何度か発禁処分を受けており、ニコラス・キャロライズなどが編集した「百禁書―聖書からロリータ、ライ麦畑でつかまえてまで」ではロリータに対する批判や発禁処分になった経緯などが書かれている。また、ナボコフ自身による評論「『ロリータ』 について」があり、この作品の本質を見てもらいたいというナボコフの考えや、作品の性的な部分についての自身の考えが書かれている。
日本語版は、1959年に大久保康雄(の名義を借りた高橋豊)訳[要出典](河出書房新社→新潮文庫)が、2005年に若島正による新訳(新潮社→新潮文庫)が出された。

内容
ヨーロッパからアメリカに亡命した中年の大学教授である文学者ハンバート・ハンバートは、少年時代に死別した恋人アナベル・リーがいつまでも忘れられずにいる。ヴァレリアという20代後半の女性と一度結婚もしたがうまくいかなかった。
そのアナベルの面影を見出した、あどけない12歳の少女のドローレス・ヘイズ(Dolores; 愛称ロリータLolita)に一目惚れをし、彼女に近づくために下心からその母親である未亡人と結婚する。母親が不慮の事故で死ぬと、ハンバートはロリータを騙し、アメリカ中を逃亡する。しかし、ロリータはハンバートの理想の恋人となることを断固拒否し、時間と共に成長し始めるロリータに対し、ハンバートは衰え魅力を失いつつあった。
ある日突然、ハンバードの目の前から姿を消したロリータ。その消息を追って、ハンバートは再び国中を探しまわる。3年後、ついに探し出すが、大人の女性となった彼女は若い男と結婚し、彼の子供を身ごもっていた。哀しみにくれるハンバートは、彼女の失踪を手伝い、連れ出した男の素性を知り殺害する。ハンバートは、後に逮捕され、獄中で病死。そして、ロリータも出産時に命を落とす。作品はハンバートが獄中書き残した「手記」という形式をとっている。
前思春期の少女にあらわれる性的な魅力を「ニンフェット」の倒錯した魅力と巧みに規定して、社会に衝撃と影響を残したこの作品は、全体の構成より細部(文体)へと関心が傾けられ、さまざまな引用や巧妙な言葉遊びに満ちている。冒頭は「Lolita, light of my life, fire in my loins.」というLとFの音を重ねた文章となっている。作者の分身ともいえるハンバートによるメタファーを多用した独白調の文章は晦渋なことでも知られる。知的ではあるが屈折した自意識に満ちたハンバートにヨーロッパ旧世界の象徴を、成熟しつつも素朴なロリータにアメリカの象徴を読み取ることもできる。
ロリータ・コンプレックス
ロリータ・コンプレックス (英語: Lolita complex) とは、幼女・少女への性的嗜好や恋愛感情のこと。略してロリコンともいう。ロリコンと略す場合は、幼女・少女への性的嗜好や恋愛感情を持つ者のことも指すことがある。
元は「Lolita」(ロリータ)と「complex」(コンプレックス)から成る和製英語である。「Lolita」は、中年の男性が年の離れた少女を愛するウラジーミル・ナボコフの小説『ロリータ (Lolita)』、または、同小説の登場人物である少女の愛称・ロリータに由来する。

概説
ロリータ・コンプレックスはエフェボフィリアや性的倒錯など医学や精神分析的な分析とは意味合いが異なる。
日本でロリータ・コンプレックスという言葉がいつどのようなきっかけで使われるようになったか、明確には判明していない。言葉自体は1969年に出版された『ロリータ・コンプレックス』(ラッセル・トレーナー)の邦訳が日本での初出とされているが、それは「少女が中年男性に関心を抱く」という意味で用いられているものであり、ここで説明している概念とは正反対のものである[1]。1974年に和田慎二が『キャベツ畑でつまずいて』のなかでロリータ・コンプレックスという言葉をすでに用いており、これが初出とは判明していないが、ここで説明している概念を表すものとしては初期の用例とされている。また1972年に澁澤龍彦は『少女コレクション序説』でロリコン現象を少女視点ではなく男性視点で捉えるべきではという意見を述べていて、これを現在の用法の発祥とする見解もある。
「ロリコン」という略称の発祥もはっきりしておらず、おそらくはマザーコンプレックス同様の過程で作られた略称であることと、1970年代後半頃から用いられ始め、1980年頃から急速に広まったということが判明しているのみである。一説には、アンダーグラウンドなロリコン雑誌で用いられたことを発祥元とする見解もあるが、定かでない。欧米で言うロリータ・シンドロームとは別の概念であり、以前は主に日本で使われ、英語圏ではあまり使われていなかったが、近年は日本語でのrorikonを英語化した「lolicon」の語で海外でも使われるようになってきている。
ロリコンは俗称であり明確な定義はなされていないが、一般に侮蔑語、差別語として使用されている傾向がある。また実年齢による定義もないため、身体的に成熟しているかは主観的な判断をともない、ロリコンの対象と見なされる年齢は、新生児から成人以上にまで及ぶ可能性がある。例えば、日本ユニセフ協会は、インターネット・ホットラインセンターに寄せられた児童ポルノ関連の通報は「現行法の定義では『児童ポルノ』とされないものがその殆どと伺っております。」と報告している[3]。
近年では、成人男性が未成年を性の対象とする傾向の総称として呼ばれている。
ロリコン・ブーム
1970年代に少しずつ現れた少女ヌード写真集が一般書店の店頭に並べられ、1979年の『プティ・フェ』(石川洋司)や『Little Pretenders』(山木隆夫)のような話題作が発表されるようになる。
こうして1980年頃から幼少女への性愛を扱った表現が人気を集め、ロリコンという言葉は急速に一般化した。日活が「にっかつロマンポルノ」作品として1983年に『ロリコンハウス おしめりジュンコ』(青木琴美主演)を製作したことがある。漫画では内山亜紀の『ロリコン・ラブ』、あるいは吾妻ひでおが関わっていたことでも知られるロリコン系同人誌「シベール」の発行もこの頃である。吾妻ひでおは内山亜紀と並んでしばしばロリコン漫画の旗手として称され、大塚英志もロリコン漫画の「テンプレート」をつくりあげた彼の功績を強調している。
この1980年頃から1984年頃までは「ロリコン・ブーム」と呼ばれ、多くの写真集・雑誌・特集本などが出版された。少女愛をおおぴらにすることはそれまでタブーとされていたが、このロリコン・ブームによってそれが「解禁」された。吾妻や米澤嘉博は漫画ファンの間ではロリコンという言葉がたびたび用いられていたと証言している。劇画が主流となり可愛らしい少女キャラクターやラブコメにページが割かれることの少なかった時代にあって、ロリコンというテーマのもとでかつての正統的な少年漫画が「復権」した、と米澤はいう。その一方で、それまで半ばタブー視されていたロリコンという言葉(あるいは概念)が表舞台に登場し、「金バッジのように」堂々と自分がロリコンであると宣言する人間まで現れるようになった。ロリコンという概念が、今日でいう「萌え」に非常に近い、少女を精神的に愛しむ感覚のことを指していたのである。例えば「アニメージュ」1982年4月号の付録は「ロリコン・トランプ」だった。ナボコフやキャロルといった文学を引き合いに出すことも可能なロリコンという言葉は、ある意味で「トレンディ」なものだったのである。また、米澤によればこの言葉がアニメファンの間で流行したのは、宮崎駿監督作品「カリオストロの城」のヒロインであるクラリスの人気が非常に高まったことによるものであり、具体的には1980年に発行されたファンジン(同人誌)「クラリス・マガジン」がその発端であるという説もある。
日本で最初のロリコン漫画雑誌は1981年12月創刊の「レモンピープル」(あまとりあ社)だとされている。当時の主力作家はやはり内山亜紀と吾妻ひでおであった。米澤が注目するのは同誌の1982年8月号である。この号では、読者による誌上討論という形で「ロリコンにエロは必要か」というテーマの是非が争われていたのだ。ただし、ここでの「エロ」とはそれまで主流であった劇画調のエロティシズム描写のことである。大塚英志はロリコン漫画とエロ劇画との最大の違いを「犯す主体」の喪失だとしている。
『レモンピープル』とともにそのようなロリコン誌として知られた『漫画ブリッコ』が1983年、それまで毎号掲載してきた少女ヌードの写真グラビアを読者からの不評によって廃止した。さらにはリアルな写実劇画からも決別して、より記号的な漫画をメインとする創作誌となっている。
漫画やアニメの幼女・少女キャラクターを自由に物語化して表現することも同人誌活動の間で普及していく。こうした現象は評論家の注目を集めるようになる。1983年、中森明夫は後に有名になる『おたくの研究』(『漫画ブリッコ』掲載)において、これらの趣味をロリコンと評しそのなかでも生身のアイドル少女に執着するものと、漫画やアニメの創作キャラクターなどに執着するグループに分けている。しかし中森の研究論に対し読者からはおたく差別的だとして批判された。後に編集長大塚英志によって連載を打ち切られる事となった。
ロリコンと社会
思春期前・思春期早期の幼女・少女への性的嗜好をもつ男性は、社会的に危険視されているだけではなく、精神医学上も小児性愛という異常性愛と定義されている。対して性的に成熟した思春期後期・成人女性への性愛は概ね、精神医学では性嗜好障害とされていない。むしろ(異性愛者の)男性が性的に成熟した女性の中から若い個体をセックスの相手として好むことは普遍的傾向である[要出典](女性の卵子は生後新たに作られないため、年齢とともに卵子が老化し、妊娠しにくくなっていくことが原因と考えられている。35歳を過ぎると妊娠率の低下が顕著になり、不妊に悩む女性が増える) 。また、高齢出産に比べて先天的な障害がおきにくい(ただし体が成熟しきっていない10代前半の出産は、難産のリスクが高い)。 もっとも生物学的には10代後半は肉体も成熟し、子供を産むに適した時期であるといっても、高度化する現代社会において18歳未満の少女は精神的に未熟で、結婚し子供を産むという人生の岐路に立つには早すぎるとみなされている。精神的に未熟な少女の子育ては困難が大きく、育児放棄や虐待につながりやすいともされる。特に先進国では高等教育を受けないと経済的な基盤が不安定であるため、学業を中断することになる早婚が好ましいとはされない傾向がある。背景には女性が経済的に自立しやすくなったことや、子供の死亡率が低下したことで出産を急ぐ必要性が薄れたことで晩婚化が進んでおり、早婚が少数派に転落していることがある。現代に入り、婚姻年齢が上がり、「愛護育成されるべき児童」という概念が確立し、児童と非児童との区別が厳格になされるようになるにつれ、社会道徳的・児童人権的な側面からも社会的に「逸脱」とされるようになった。
日本における歴史上の扱い
歴史的には10代も半ばのうちに成人(元服)するもので、女性に関しては結婚をもって大人の仲間入りとみなしていた。江戸時代の女性は14、15歳で多くが結婚したもので、少女時代というものがあまりなかったのだという。特に、深刻な人口減少に陥った18世紀の東北地方では10代前半の少女婚はごく当たり前に行われていた。しかし、18世紀後半には中部地方以西では宗門人別改帳等による人口の調査研究によると女子初婚年齢が20歳を越えていたと推測される例が多い。これは江戸時代にはすでに人口増加が原因で自発的な産児抑制が起こり、晩婚化が始まっていたからである。
日本国外における扱い
上記のように歴史的にはごく当たり前に扱われてきており、日本のみならず諸外国でも同様の文化は見られる。 欧米でも、日本やイスラム世界同様、以前は十代の少女を恋愛対象や結婚対象にすることは容認されていた。しかし、現代では再解釈された道徳に従い、他の地域に先駆けて、児童性愛の遂行を女児に対する問題として捉えるようになった。一概にはいえないが、児童ポルノ問題を経て、幼い少女の性を成人が欲情の対象とすることに対し対策へ向かった社会も目立つ。イスラム教は性愛に対する戒律が厳しいが、少女婚に関しては例外的に寛容である。その理由は人生の規範とされる教祖ムハンマド・イブン=アブドゥッラーフが6歳の少女と結婚し、9歳の頃に性交にいたったという故事があるからである。現代では世界的に少子高齢化が問題になってきており、一部の国で早婚が奨励されることがある。 法的にはEUの一部のように法規制が緩やかな国もあれば、イギリス・アメリカ合衆国やカナダのように小児への性犯罪の態度(クリントン署名による法定強姦罪厳密適用令などで、かなりの州で18歳未満の児童との性交を強姦とみなすなど)をとる国まで、広がりがある。
ただし、禁忌の度合いと法規制は必ずしも直接的な関係にあるわけではない。これは、違法性において法益侵害と規範逸脱のいずれを重視するかが国により異なること、すなわち法体系の相違に起因する。例えば、日本では法益侵害を重視する学説が優勢であり、社会通念上重大なタブーである近親姦もこれ自体を犯罪として取り締まる法律はなく、近親婚を不許可とするのみである。それに対しコモン・ローを法基盤とする英米では社会規範からの逸脱を重く見る傾向がある。
現代日本における扱い
日本国外での流れを汲み、日本においても1980年代頃から次第に規制へと世論が傾きはじめた。1984年、国会で少女誌『ギャルズライフ』を取り上げ、少女向け性情報へ警戒を強めた。1985年から初期のPCゲームの性表現が批判され、ロリコン漫画も折に触れて批判を向けられた。直接の規制を被ったのは、まず、一般紙のグラビアに載るほどメジャーになっていた写真分野(少女ヌード)であって、1985年警察による無修正写真の禁止、1987年には雑誌『プチトマト』発禁事件、児童福祉法の強化による摘発で弱体化していった。
1985年頃から『週刊女性』など女性週刊誌、また一般誌ではロリコン表現に対して「少女がロリコンの欲望の餌食に」といったバッシング記事が載るようになっている。1980年代には「新人類」という言葉に象徴される世代間文化の断絶、自らの嗜好やファンタジーを突き詰めて「内閉的」とみえる文化を作り上げた特定の若者層への、一般社会からの漠然たる不安があった。
1989年以降、漫画・ゲームとも沙織事件のような実際の摘発事件も含めて、規制圧力と自主規制に公然と晒されるようになった。批判に対抗するため漫画表現を守るための団体も作られ、長く論議が続くことになる。写真分野は決定的な打撃を受け、1989年以降日本国内での生産が困難になり東南アジアやロシアに撮影の場所を移したが、結局1999年の児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律で壊滅、以降は性的な表現のないジュニアアイドル産業に場を譲った。しかし、小学生に小さなTバックの水着を着せてローアングルから撮影した「水着写真集」と名乗るDVDが販売されたりレンタルされた。児童ポルノと認定され摘発された事件もあり、一部店舗から撤去されたが、インターネットで流通が続いている。
それが機ともなり、法的整備を要求する声が起こり、ロリコン表現に対する法的規制が整備されつつある。
また、宗教団体が表現規制推進に関して積極的な活動を展開しており、表現規制が更に強化される方向になる可能性がある。
一方、そういった社会的認識と動きに対して、メディアによる否定的な放送は偏見であるという指摘が各所よりなされた。また統計的観点から、ロリコン表現が出現する以前の方が性犯罪被害児童の数はずっと多かった事を理由に、表現への過度の規制が批判されている
日本の法制度
都道府県によって青少年保護条例(淫行条例)が定められ、18歳未満の青少年との淫行が禁じられている場合が多い。 同法は双方の親公認で結婚を前提に付き合っていた女子高生と成人男性が取り締まられそうになるなどの問題も起こしており、同法そのものが憲法違反であり、自由恋愛を阻害するもので廃止すべきだとも見方もある[要出典]。
同法について、福岡県青少年保護育成条例違反被告事件において、谷口正孝判事(当時)が「青少年の中でもたとえば16歳以上である年長者(民法で女子は16歳以上で婚姻が認められている)について両者の自由意思に基づく性的行為の一切を罰則を以て禁止することは、公権力を以てこれらの者の性的自由に対し不当な干渉を加えるものであって、とうてい適正な規定とはいえない」としている。
また17歳の女子高生と性的関係を持った事で愛知県青少年保護育成条例(淫行の禁止)違反の罪に問われていた会社員男性(32)に対して2007年5月23日に名古屋簡裁にて下された判決では、山本正名裁判長は「一定期間に映画を見に行くなどのデートを重ねたこと、女子高生も男性に対して好意を抱いており、合意や心的交流があったうえでのセックスだったことなどから、「淫行」に相当するというには相当な疑問が残る」と述べ、「結婚を前提にしないというだけでは刑事罰との対象とはならない」「『社会通念』を基準にして判断すべき」として無罪判決を言い渡している。
ペドフィリア
ペドフィリア(英: paedophilia)は、幼児・小児(一般に13歳以下)を対象とした特殊な性愛・性的嗜好のこと。略して俗にペドと呼ばれる。類義語には小児性愛(しょうにせいあい)・小児愛(しょうにあい)・児童性愛(じどうせいあい)がある。思春期の子どもへの性的嗜好はエフェボフィリア(英: ephebophilia)という。ペドフィリアの性向を持つ人を、ペドファイルもしくはペドフィル(英: paedophile)という。
医学的疾患(性嗜好障害)を指して使われるが、一般に障害とまでは言えない小児への性的嗜好全般を指す場合もある。欧米では広く児童への性的虐待者そのものを言及するのに用いられている。(児童性虐待者についてはチャイルド・マレスターを参照)
注記:本記事は、一般的な概念としてのペドフィリア(小児性愛)を説明する記事である。現在における精神医学上の障害としての小児性愛も、DSM 及び ICD における「記述」規準において触れている。本記事は、精神医学の概念に準拠はするが、一般的な用法での記事でもある。
途上国の幼女問題
アフリカ大陸や中東、インドなどでは未だ多くの幼女強制婚姻が行われています。この婚姻に辺り、幼女達のセックス・キャンプを結婚の条件に上げている人達も多くないといいます。
しかし、幼女の強制婚姻においては、初夜の段階で陰部裂傷をお越して、死亡するという悲しい出来事も起きているのが現実です。
日常語としての用法
ペドフィリア(pedophilia)は精神医学的疾患分類とは別に、日常語として強く未成年へひきつけられる性的嗜好を表す言葉として用いられることがあり、特に欧米諸国では日常語としての使用頻度が比較的高い。日本の場合、ロリータコンプレックス(ロリコン)とベドフィリアの混同がなされており、日常語としての「ペドフィリア」は(ロリコンに比べて)病的・犯罪的ニュアンスを伴って使用される場合が多い。また、いわゆるオタク的社会風俗場面においては「少女」の中でも特に幼い「幼女」(未就学あるいは10歳に満たない女児)に対する性的嗜好を「ペドフィリア」として呼び分けることがあるが、この場合「ペドフィリア」「ロリコン」共に通俗的な使用であり恣意的な使い分けである場合が多い。
なお日本の場合、刑法176条(強制わいせつ罪)において13歳未満の児童に対するわいせつ行為を犯罪とする旨が定められている。また、刑法177条(強姦罪)により13歳未満の児童との性行為にはただちに強姦罪が適用される(13歳未満の児童には性的合意能力は認定されていない)など、事実上子供との性行為が禁止されている。また後述のペドフィリア認知の経緯などあって、「ペドフィリア」には性犯罪者に対する蔑称のニュアンスを含む場合が多い。